0歳児の赤ちゃんの歯の様子

0歳児の赤ちゃん、生まれて6ヶ月〜7ヶ月頃に初めの歯(乳歯)が生え始めます。早い赤ちゃんだと、3ヶ月頃から歯(乳歯)が生え始めます。0歳児の歯は、できてほやほや。この頃の赤ちゃんの口の中には、なんと虫歯菌(ミュータント菌)がいません。赤ちゃんの歯の虫歯予防は、この時期から開始できたら一番良いです。

0歳児の赤ちゃんの歯の病気

生まれたばかりの赤ちゃん。虫歯ではないけど、歯の病気はあります。

<先天性歯〜0歳児が抱える歯の病気〜>

生まれた時から歯が生えている、もしくは生後間もなくして、赤ちゃんに歯が生えてくる状態。先天性歯は、歯が未熟であったり、歯の先がギザギザしていたりすることがあり、しばしば、歯のギザギザが赤ちゃんの舌を傷つけ、その傷が元で潰瘍上に悪化するとリガフェーデ病と言われるようになります。

<上皮真珠〜0歳児が抱える歯の病気〜>

2ヶ月〜3ヶ月の0歳児の赤ちゃんに、乳歯が生え始める前の歯茎に、白色もしくは薄黄白色の光沢のある半球状の直径1mm〜3mm位の小さな真珠位の大きさの膨らみが出来る事があります。真珠に似ている事から、上皮真珠(epithelial pearls)と呼ばれます。

Point1 0歳児の歯の磨き方

0ヶ月〜6ヶ月の赤ちゃん

この時期は、基本的には歯を磨く必要がありません。お母さんのおっぱいを飲んですくすく育つ赤ちゃんの様子をしっかりと見守ってあげてください。
母乳には生まれたばかりの赤ちゃんを病気や菌から守る抗菌作用も含まれ、唾液の自浄作用で十分綺麗な状態が保たれています。たまに赤ちゃんの口腔内を綺麗にしてあげる位で十分です。

6ヶ月〜9ヶ月の赤ちゃんの歯の磨き方

赤ちゃんの下の前歯が生え始めています。よだれも多く分泌されるようになり、私の子供の場合は、この時期からよだれ掛けが必須になりました。よだれでいつもよだれ掛けがベトベトでしたw
この時期から、歯磨きってこんなのだよ!と赤ちゃんと一緒に歯磨きの練習を開始します。まずは、ママの指で赤ちゃんの生えてきたばかりの歯を擦ってあげる。濡れたガーゼでさわさわしてあげる。歯ブラシをそっと当ててみる程度でいいので、徐々に歯磨きという行為を赤ちゃんに覚えてもらいましょう!

9ヶ月〜12ヶ月の赤ちゃんの歯の磨き方

赤ちゃんの上の前歯が生え始めてきます。これで上下に歯が4本揃い、仕上げ歯磨きをもこの時期からしっかり始めましょう!離乳食も食べ始め、母乳と食事を両方するよう似なるこの時期。歯磨きも開始するにはぴったりの時期です。赤ちゃんが安心して歯磨きを出来るように、授乳時のように、そっと歯を磨いてあげてください。

赤ちゃんが歯磨きを嫌がらず楽しみために!

1、パパママが、歯磨きの時間を楽しい雰囲気を作る

赤ちゃんにとって初めての歯磨き。思い切り楽しい雰囲気を作って、ケタケタ笑いながら一緒に歯磨きしましょう!歯磨きソングを歌うもよし、ニコニコ話しかけながら歯磨きするもよし、とにかく楽しく!

2、パパとママや兄弟の歯磨きししている姿を見せましょう!

歯磨きってみんなしているんだ〜って赤ちゃんがわかるように、パパ、ママ、兄弟、姉妹、みんなで歯磨きしているとき、赤ちゃんに教えてあげましょう!

3、決まった時間に歯磨きをしましょう!

赤ちゃんに、朝ごはんの後、昼ご飯の後、夜ご飯の後、母乳をあげた後など、歯磨きする時のタイミングを教えて習慣付けましょう!この後は歯磨きしなきゃいけないんだ〜って赤ちゃんが覚えてくれれば、最高です!

オススメの歯磨きグッズ

1、ママの人差し指

赤ちゃんにとって一番安心して心からリラックスできるのは、やっぱりママ。ママの人差し指で優しく歯磨きをしてあげてください。赤ちゃんは、最高にリラックして歯磨きできるはず。

2、赤ちゃん用歯ブラシ

これは、まずは持って歯ブラシってこれだよ!って教えてあげるもの。とにかく穂先が柔らかいものを選んであげてください。

3、赤ちゃん用歯磨き粉

赤ちゃんの歯の中には、まだまだ虫歯菌はいません。歯磨き粉はなくて大丈夫です。ただ、ママ、パパとのお箸の共有やコップの共有などで虫歯菌が少しづつ赤ちゃんに移っていってしまいます。
そんな時に心配だったら、虫歯菌を除去できるこの歯磨き粉がオススメ。

虫歯菌予防できて、食べても大丈夫なほど安全な歯磨き粉。指にちょっと塗って擦ってあげる感じでつかってます。