歯磨きは、なぜ必要?歯磨きをしないとどうなるの?どうやってするの?

ハミガキに関する素朴な疑問、私たち大人は、ハミガキをもう習慣付けされているので、ハミガキをなぜし無くちゃいけ無いんだろう?っという当たり前の子供が持つ疑問についつい答えるのが面倒くさいな〜って思っちゃことありますよね。

子供にどんなに一生懸命説明しても、ハミガキの大切さ伝わらない。そもそも私の赤ちゃんわかってるのかな? 理解出来る前に虫歯になっちゃう。

それなら、視覚的に絵本から取り入れてみましょう!
子供たちもかわいいキャラクターが出てくる絵本で、ママが一緒に読んでくれるハミガキ絵本なら、自然とハミガキの疑問も解消して楽しく、お母さんの悩みも解消で一石二鳥ですw

ネットで検索をすると、たくさん子供向けの歯磨きの絵本が出てきます。

今回は、私の息子たちがお世話になった、ハミガキ絵本を紹介しますね!

ノンタン はみがき はーみー キヨノ サチコ (著)

小さな子供にも簡単に理解できる、少ない文字数ながら、何故か何度読んでも飽きないこの本。
息子が1歳児の時から釘付けになった魔法の一冊。
歯磨きがどんなものかを視覚的にとりいれる事が出来たのでは?!

はみがきあそび (あかちゃんのあそびえほん) しかけえほん きむらゆういち作、絵

歯磨き絵本といったらこれってくらい、王道の一冊。
飛び出すドラゴン?!に興味惹かれ、1歳児幼児の息子がまだ言葉もしゃべれ無いのに、あーあーいいながら、この本を持ってきて私に読んで読んでとせがんできましたw
おかげで、ボロボロになるまで読み込みました。
この本も、1歳児にお勧め!

パオちゃんのみんなではみがき なかがわ みちこ (著)

次男が3歳の頃からはまったパオちゃんシリーズの歯磨き版。
もともとパオちゃんが大好きだった次男のために即購入。
これで虫歯が予防出来るなら、お安いもの〜
主人公の象、友達の動物達、このキャラクターに
息子は無理なく嫌いな歯磨きという題材に拒否反応を起こさず向き合えたと思います。

わにさんどきっ はいしゃさんどきっ (五味太郎の絵本) 五味 太郎 (著, イラスト)

皆さんご存知のごみたろうさんの絵本。
色彩が綺麗で、キャラクターも面白い、私が1番大好きな絵本作家さん。
主人公の虫歯に悩むわにさんと、歯医者さんのおじさんが、治療中に思う心の声のお話。
子供が笑っちゃうこと、間違いなし。
ワニさんの歯には大きな虫歯があって、それを治療してほしいワニさんと、ワニさんに食べられてしまうのではないか!と怖がりながら治療する歯医者さんのおじさんの葛藤がとっても楽しいえほん。
息子もニコニコしながら聞いています!
「ワニさんの虫歯治ったら、歯医者のおじさん食べられちゃうのかな?」
虫歯は怖い、虫歯になると痛い。それをユーモラスに伝えてくれるのでお勧めします!

歯磨き嫌いな子供に悩むママたちの、力強い見方、歯磨き絵本を活用して、家族みんなで楽しい歯磨きライフを送りましょう〜!!