浅田まひろ歯科医院

子供の虫歯予防に悩むママたちが実際に体験した歯医者さんで虫歯予防の実体験の口コミ情報をもらい、まとめました。

歯医者さんの名前

浅田まひろ歯科医院

歯医者さんの住所

京都府京都市北区紫竹下本町11

診療時間

午前 9:00~12:30(最終受付12:00)
午後 15:00~18:30(最終受付18:00)
土は12:30まで(最終受付12:00)

浅田まひろ歯科医院の特徴

車で来院OKの駐車場完備の歯科医院。
地元京都出身の歯科医浅田先生が患者さん及び患者さんご家族とのコミュニケーションを大切に
特に痛みの無い治療方法をコンセプトの歯科医院。
痛み軽減の3つのこだわり!

コンピューター制御の全自動注射器

コンピューターが自動計算し理想的かつ、痛みを最も感じにくくさせる注入速度で、麻酔液を幹部に浸透させます。

麻酔液を人肌温度に!

冷たい麻酔液は、注入時に刺激となり痛みを増幅させます。人肌に温められた麻酔液で痛みを軽減させます。

とにかく激細の注射針

注射針の細さは、とにかく細いほど痛みを和らげます。

浅田まひろ歯科医院の子供向け虫歯予防方法

唾液検査
フッ素塗布
親子の歯磨き指導
マイナス1歳から始めるむし虫歯予防

浅田まひろ歯科医院の評価

妊婦の時から、生まれてくる子供のための虫歯予防を提唱する「マイナス1歳から始める虫歯予防」が定評の歯科医院は、
小さなお子さんがいるご家族に非常に高評価です。

浅田まひろ歯科医院で実際に子供の虫歯予防をしたママから体験談

子供の虫歯予防を歯医者さんでしようと思ったきっかけ

子供に初めて虫歯ができ、治療後虫歯予防の大切さを教わったからです。子供の仕上げ磨きをしていた際、たまたま「あれ?この歯黒いかな?」という歯を見つけました。子供に聞いても痛くないと言うし、ちょっと汚れてるだけかな?前までなかったのにこんなにいきなり黒いなんて本当に虫歯なのかな?と疑問に思いながらも歯医者の予約を入れました。実際診察してもらうと、表面が少し黒いだけでわかりにくいですが、しっかり虫歯になっています、と先生に言われとてもショックを受けました。その後治療を行い、今後虫歯をつくらないための虫歯予防についてのお話をうかがい、虫歯予防を行う事になりました。もともとフッ素塗布は市の援助で行う事ができたので、歯磨き指導や定期健診を主に行う事になりました。

歯医者に行く前の子供の様子

以前から「虫歯になったら痛いよ、歯医者さんで治してもらうのは大変だよ~」とおどかしていたのが悪かったのですが、「歯医者」という単語だけですごくおびえていました。歯もまだ痛みがなかったので、なぜ歯医者に行かなければいけないのか納得ができなかったようで「行きたいない!」とごねていました。でも、「みっちゃんの歯にばいきんがいて、このままではどんどん歯を食べてしまって歯がなくなってしまう」と歯磨きの絵本と併せて教えてあげるとしぶしぶ「行く・・・」と言ってくれました。私には「怖い、痛いかな?怖い」と不安な様子を隠せませんでしたが、歯医者につくと男の子のプライドがあるのか怖がった様子を見せず、「頑張る」とお医者さんにも告げていました。

虫歯予防の実施した内容

唾液検査
フッ素塗布
親子の歯磨き指導

歯科衛生士の肩が丁寧に楽しく実施してくれました。
子供達も歯磨きの大切さを理解してくれた?ような気がします。歯磨き指導は非常に勉強になりました。

虫歯予防して良かった点

まだ虫歯予防後あまり期間がたっていないので、虫歯にならなくなった!などということはわからないのですが、私も含め、子供の歯磨きに対する意識が変わったと思います。前までは「歯磨きってめんどうくさい」という気持がまず第一にあり、「歯を磨こうか?」と言ってもしぶしぶ洗面所に向かっていました。でも、虫歯予防で歯医者さんからの歯磨き指導を受けてからは、歯磨きってちゃんとしなければいけない!ということがわかったようで自分から進んで歯磨きをしてくれます。また、弟にも効果があったようでお兄ちゃんが毎日自ら歯磨きに向かうと、自分も自分も!と兄弟そろって歯を磨いてくれます。歯磨き指導を受けた際に、うちの子供の歯は、他の子供より詰まり気味に生えており、歯と歯の間にカスが溜りやすいと教えてもらいました。その為糸ようじを使って毎日掃除をしていますが、このことも指導を受けなければまずしようとは思わなかったので、本当に虫歯予防を受けて良かったと思っています。

虫歯予防をして悪かった点

とくに今の所デメリットは感じていません。まだ虫歯予防を行ってから日がたっていないので、これからもしかしたら虫歯ができるかもしれませんが、できてしまうので日々の歯磨きの仕方が悪かったと思いますし、特に虫歯予防を行ったのに・・・とは思いません。あえて言うなら虫歯治療を行った後も、病院に通わなければいけないのでお金もかかりますし時間も結構取られてしまいます。私は子供が2人いるので、予約を2人分取ろうと思うとなかなか開いておらず、仕事の都合もあり、次回は1ヶ月半後などかなり空いてからの通院になったりします。でも、やっぱり歯は一生ものなので出来るだけの事はしてあげたいですし、特にデメリットを感じる事はないと思います。

浅田まひろ歯科医院での虫歯予防対策

歯医者でやって良かったと思います。保育園でも半月に一度歯医者さんが来られ、歯科検診があったり、市の子供の検診で歯科検診があったりしますが、今虫歯があるかないかのチェックだけでとくにこうした方が良い、などの指導は頂けません。この浅田まひろ先生はとても熱心に子供の歯を見て下さいますし、乳歯といえども虫歯になると今後の永久歯にも影響してくる、と教えてもらいました。まだまだ定期健診を続けていかなければいけませんが、定期的なチェック、指導も含め続けていきたいと思っています。子供の虫歯予防を考えていらっしゃるなら、やって損はないと思います。虫歯治療までいってしまうと子供もかわいそうですし、なにより予防をすることで子供の歯磨きに対する意識も変わっていきます。

4人の男の子の虫歯予防に帆走したママ(管理人)からのアドバイ

子供の虫歯予防は、最終的には子供とママの共同作業で成り立ちます。
虫歯にならない歯を作るため、効果的に歯医者さんの虫歯予防と、自宅での継続的な虫歯予防が絶対大事!

歯医者さんに任せ切らず、自宅の虫歯予防も是非進めましょう!!

虫歯に悩み虫歯予防を研究し自宅での簡単虫歯予防についてはこちら