子供が虫歯になってからでも遅く無い、虫歯予防対策探しの旅記録。

4人の男の子の子供(双子の赤ちゃん、幼稚園に通い始めた幼児、小学校に入学した長男)を持つママが、子供が虫歯に苦しむ姿をもう見たくない!と、虫歯になってからでも遅くない虫歯予防を探し、子供の大嫌いな歯磨きと格闘し、経験から学んだ虫歯予防のノウハウを教えちゃいます!



<我が家の虫歯バイバイ予防隊!>

  • 超アクティブな2歳児の双子。イヤイヤ期突入で、歯磨きもイヤイヤ。
  • 幼稚園に通い始めた5歳児。歯磨き大っ嫌い。
  • 7歳児の小学校1年生。遊びが一番。歯磨き忘れてよく寝ちゃう。

子供の虫歯、痛くて泣き叫ぶ子供、虫歯を作ってしまった罪悪感。。。虫歯を生まない虫歯予防方法ってあるの?

・歯医者で、子供が泣き叫び、暴れ、必死に早く時間が過ぎるのを待つ。

子供の歯科医院の治療室
歯科医院の待合室で、治療室から聞こえる子供の泣き叫ぶ声が聞こえるのを必死に待ちました。心が痛い。

・子供が歯が痛い痛いと泣き、もう泣くのをやめてほしいと途方にくれる。

歯が痛くて駄々をこねる子供
子供が歯が痛くて苦しむ姿に何をしていいのか。泣かないでと言っても2歳児の息子は全くダメでした。

・子供の前歯に出来た虫歯を見るたびに、罪悪感を感じる

子供の前歯の黒く茶色い虫歯

息子の前歯に茶色く出来てしまった虫歯。もっとしっかり歯磨きしておけばよかったと申し訳なくなる。。。

そんな時に、「やってしまった。どうしよう。もっと子供の歯磨きしっかりしてあげればよかった。子供がこんなに苦しむ虫歯になる前に何か出来なかったの?」自問自答で罪悪感を感じる、こんな経験みなさんありませんか?

自分の可愛い子供が苦しむ虫歯、なんとかならないものか?私は、自分の子供たちが、どうしたら、この虫歯にならないか、良い虫歯予防はないのか?長年悩んできました。

最近では、フッ素が虫歯予防になると、ママ友達から話を聞き、フッ素入り歯磨き、フッ素入りキャンディーなど、なんでも虫歯予防になるというものは試しました。

食後の子供がいやいや〜泣き叫ぼうが、気合の仕上げ歯磨き。
夜、私自身が疲れて歯磨きできなかった日とかは、歯磨きできなかった子供への罪悪感で結構凹みました。

私の子育て子供の虫歯予防に捧げる!と言って過言でないくらい、いろいろな虫歯予防を試しました。

結論から言うと、子供の虫歯予防は出来ます!
これから私が、4人の子育て、8年間の愛と汗と格闘の連続から経験した子供の虫歯予防方法を教えていきます!

赤ちゃん・幼児の虫歯予防、歯磨き方法、皆さんどうしてますか?

私は、長男(当時2歳)が虫歯になってしまい、歯医者に連れて行くたびに、泣き叫ぶ子供の姿を目の当たりにして、何とか虫歯にならない方法はないものか?考えるようになりました。

ママ友から、「子供は3歳までに虫歯菌が口に入るかどうかで、今後の子供の一生が決まる!」と言われ、その時、ちょうど次男(当時0歳)赤ちゃんが生まれたばかりだったので「次男の赤ちゃんには、長男が苦しんでいる虫歯にならないようにしてあげたい!虫歯だらけで辛い思いはさせたくない!」と思い、私のイバラの虫歯予防への道が、始まりました。

赤ちゃんの歯磨き、めちゃくちゃ大変ですよね。

子供が歯痛で苦しむ顔

長男は、7ヶ月くらいで歯が生え始めましたが、次男は3ヶ月くらいで最初に下の前歯が生えてきました。今度は絶対に虫歯にしないぞ!と意気込んで、虫歯予防の為の赤ちゃんの歯磨き“私自身との戦い“がスタートしました。

しかし、そもそも歯磨き云々の前に、じっとしている事すら難しい赤ちゃんに、歯磨きの間、じっとして動かないでいてもらうという事自体が無理。
「赤ちゃん〜お口をいっぱいあけてね〜」「私の可愛いベビーちゃん。歯磨きの時間ですよ〜」はい、もちろん、開きません。開けてって言っているそばから逃げていきます。
赤ちゃんの歯磨き、幼児の歯磨き、本当に子供の歯磨きって大変ですね。

子供の虫歯に悩む親のデータ

私と同じように子供の虫歯に悩む親(ママ、パパ)の声を聞くと、やっぱりみんな同じなんだな〜と思います。親の悩みはどこまでいっても子供の悩みが一番。子供の虫歯に関する生の声を集めました。

なんらかの子供の虫歯予防をしたことがある。

赤ちゃん、幼児の虫歯予防は子供を持つ親の共通の悩みです。実際の虫歯対策方法例

  • フッ素入りの歯磨き粉を使っている(32歳 2歳児のママ)
  • 仕上げ歯磨き後の、夜寝る前2時間前は、食べ物をあげない。(29歳 3歳の娘の母)
  • キシリトール入りガムを子供と一緒に食べる(33歳 息子と毎日歯磨きソングを歌うママ)
  • 歯を強くするカルシウム豊富な小魚を子供と一緒に毎日ボリボリ食べる(22歳 虫歯嫌いママ)
  • 電動歯ブラシ、デンタルフロス、歯間歯磨きなど、歯垢を徹底的にとっている。(36歳 元歯科助手)

虫歯予防をしていても、子供が虫歯になってしまった

  • 夜の仕上げ歯ブラシが、ついつい忘れてしまった。(19歳 まだまだ遊びたいママ)
  • 子供の虫歯予防のためと、1日3回歯磨きを徹底していたが、1ヶ月で挫折(27歳 3児の母)
  • 夜泣きがひどくて、ついつい夜の粉ミルクを哺乳瓶であげてしまった。(23歳 ポテト)

子供の虫歯を見つけた時に後悔している(罪悪感を感じる)

  • 3歳の娘の前歯の虫歯の後を見るたびに心が痛い(29歳 虫歯なんて嫌いママ)
  • 歯磨き嫌いの息子についつい面倒くさくて歯磨きしないで寝かしつけてしまった(32歳 横着してしまう主婦)
  • 全身麻酔を使っての2歳児の歯の治療。涙が止まらなかった(30歳 ごめんね息子)
  • 歯医者さんに泣きながら入っていく4歳の子供。待合室で待っていられなくて、ママも一緒だよと無理やり頼んで、治療室に入れてもらいました。涙を必死で堪える子供の姿に、もう泣きそう。可哀想で可哀想で仕方なかった(28歳 歯医者が嫌いママ)

子供の虫歯に悩む声は、子供を持つ親としてはみんな同じ。

やっぱり虫歯にならないようにしてあげたい!子供の虫歯予防の大切さ。実感しました。

そもそも、子供の虫歯ができる原因とは

我々親を悩ませる、子供達の虫歯を作る4大要素は、ズバリこれです。

1.歯質:これは、もちろん歯がなければ、虫歯になりません。

私達の歯は、大人も子供も、同様の成分できており、あのアフリカやインドで有名で、動物園のアイドル象の歯、象牙と同じ材質で作られています。象牙質、エナメル質、セメント質から成り立っています。

2.時間:食べてすぐには虫歯にならない。

虫歯は時間をかけてじわじわ歯を溶かし、虫歯になります。だからこそ食事をしたあとの歯のケアはとても大事。

3.糖質:これは、子供が大好きな甘い砂糖。

キャンディー、アイスクリーム、ケーキ、子供が大好きなあま〜い食べ物、デザートには、たくさんの砂糖が含まれています。この砂糖は、虫歯菌の増殖を助けてしまいます。

4.細菌:これがいわゆる虫歯菌。

子供や幼児を含む私たちの口の中には、300を超える細菌が存在しています。その細菌が虫歯菌となり、私たちの大切な子供達を苦しめる虫歯となるのです。

一番有名な虫歯菌は、ミュータンス菌(正式名称:ミュータンスレンサ球菌=mutans streptococci)といわれる細菌で、この虫歯菌は、子供達が大好きな甘いジュースや、お菓子に含まれている、砂糖が口の中に入ってくると、俄然活発に活動し始めて、バイオフィルム(ネバネバ物質)と言われる膜を作り出します。このバイオフィルム(ネバネバ物質)に虫歯菌や、いろいろな細菌が住み着き、歯垢(プラーク)を作り出します。

歯垢(プラーク)は、食後8時間〜24時間で作られ、その歯垢がやがて、虫歯を作り出す酸を作り出します。
この酸が、子供たちの歯の成分のカルシムやリンを溶かし、徐々に虫歯の元を作り出します。

子供が虫歯になるメカニズム

虫歯菌(ミュータンス菌)+砂糖=歯垢 酸発生→歯を溶かす→虫歯
虫歯菌は、砂糖が入ってくると、グルカンと呼ばれるネバネバした粘着質のノリ様な物を作り出します。

虫歯はほっておくとどんどん大きくなる!寝ても治りません。虫歯には早めの治療、予防が大切!
完全な虫歯予防は難しいもの。実際子供が虫歯になると、こんなに大変。

1、虫歯の激痛に苦しむ子供に自分も辛い。

子供がとにかく、「イタイ、イタイ」と苦しんでいる様子は、可哀想で仕方ないです。子供に対して、虫歯にしてしまった申し訳ない気持ちでいっぱいになり、罪悪感に内日がれます。

2、子供歯を専門にしている小児歯科が近くにない。

私の場合は、近所に子供用のデンタルクリニックがありませんでした。最初に連れて行った病院では、2歳児の息子が泣騒ぎ、途中退場となってしまいました。子供の扱いに慣れている歯医者さんが近所にあればいいですが、以外と近くになくて大変でした。

3、歯医者で治療を怖がる子供の体をガムテープでぐるぐる巻き。

泣き叫ぶ子供を必死に押さえつけ、歯科助手、歯科医総出で、虫歯の治療時に動かないようにするために、ガムテープで子供の体をぐるぐる巻きにして、口には、マウスピースをがっちりはめ込み治療する。

4、嫌がる子供を必死に歯医者に連れて行く

歯医者で怖い経験を知ってしまった子供を、また歯医者に連れて行くというのは、本当に大変です。行くとわかったタイミングから歯医者に行く事を子供が全力で拒絶し、鳴き騒ぎます。何とかなだめて、歯医者に連れて行くまでに私は2時間かかりました。

私がいろいろトライした子供の虫歯予防方法

1、子供にキスしない

めちゃくちゃ可愛い愛しのベイビー。プニプニしたほっぺ、ちっちゃな口。正直、ベロベロ舐め回したい衝動を押し殺して、お口へのキスを我慢。ほっぺで我慢しました。
人間生まれた時には、虫歯菌は存在しない。どんなに可愛い赤ちゃんでも我慢してキスし無いでください。

2、赤子に噛み与えし無い!子供への間接キッスもNG

食べかけのご飯の共有や、わざわざフォークや包丁で、子供の食べやすい大きさに細かくするのは面倒。ついつい噛み与えして、横着してしまうのはNGです。親の口の中には、虫歯菌がいっぱいです。

2、親の箸やフォーク、スプーン、コップ、ペットボトルなどを子供と共有しない。

赤ちゃんや、幼児に、離乳食を食べさせる時、自分のスプーンや箸を共有し無いで、いちいち面倒くさくても、赤ちゃん、幼児専用の箸、フォーク、スプーンなどを使って絶対に共有し無いでください。

3、赤ちゃんにあげる夜の粉ミルク(哺乳瓶)を1歳までに卒乳!

私たち親にとって、一番辛いのが睡眠不足。子供の夜泣きについつい、早く寝てほしいから、夜のミルク(哺乳瓶)を与えてしまいますよね。しかし、この粉ミルク、栄養がいっぱいだけど、砂糖もいっぱい。虫歯の4大要素の砂糖を、唾液の分泌が少なくなる睡眠中にあげる事は、虫歯の増殖を促してしまいます。どんなに長くても2歳までには、虫歯予防のためにも、夜の哺乳瓶によるミルクを卒乳したい!夜泣きで大変でも、便利でも、心を鬼に、虫歯の方が大変だと思って、赤ちゃんに卒乳してもらいましょう。

4、赤ちゃん、幼児用の子供用と言われるお菓子に騙され無い!

子供用お菓子(6ヶ月から可能や、1歳から大丈夫など)にも、子供の虫歯の原因となる砂糖がいっぱい入っています!子供の用のお菓子だからと安心しないで、虫歯予防のため、与える時間、タイミングを十分考えてください!もちろん甘い砂糖いっぱいのジュースは虫歯予防の大敵です!

5、パパやママと一緒に、子供に歯磨きの楽しさを教え、夜の歯磨きを徹底する!

1日3回子供の仕上げ歯磨きをするのは、大変。せめて夜だけは、子供のために、しっかり仕上げ歯磨きをしましょう!フッ素入りの歯磨き粉や赤ちゃん幼児用の子供用歯磨き粉などいろいろ市販されている歯磨き粉も片っ端から試しました。

6、お菓子大好きな子供の友達と距離を置く!虫歯予防環境を作る!

お菓子が全て悪いとは言わ無いけど、子供は知らなければ、それを欲しいとは思わ無い。だから、お友達の親同士でルールを決めて、子供が虫歯になりにくい虫歯予防環境を作りましょう!

7、虫歯になってからでは手遅れ!お菓子で子供を釣らない!

お菓子があると、子供たちは、お菓子を食べている間、静かに黙っている。しかし、このお菓子を習慣的に食べる事が虫歯を作りやすい環境を作ってしまいます。だから、親は子供の前で、お菓子を食べ無いようにして、虫歯と縁のない生活環境をつくりましょう!

8、子供に、歯を磨く大切さを親が教える

赤ちゃん、幼児に、とにかく自分(親)が、歯を磨いている姿を見せてあげてください。一緒に歯磨きの歌を歌いながらや、虫歯のアニメを見ながらなど、とにかく子供たちに歯に対する興味を持つように促しましょう!手鏡で子供自身の歯を見せて、「ここにさっき食べたお菓子が残っている。虫歯の工事が始まっちゃうよ!」など問いかけて、虫歯予防を子供たちに教えましょう!

9、フッ素入りイチゴ味、メロン味、ブドウ味の歯磨き粉、キシリトール入り歯磨き粉に油断し無い

可愛いキャラクターが子供の目をひく、市販の歯磨き粉は、子供が欲しがるので、ついつい買いたい気持ちはわかるけど、人口甘味料や体に有害と言われる物質が入っているものも。安心し無いで本当に子供の成長、歯に優しいものを探すように心がけましょう!

とにかく、私は虫歯予防をたくさん試しました。
しかし、そんな試行錯誤を繰り返しても完全に、子供の虫歯を予防する事は出来ませんでした。

何が本当に赤ちゃん、幼児の為の子供の虫歯予防になるのか!

私もそうでしたが、子供の為に虫歯予防を積極的に取り込もうとする気持ちはあるのですが、子育ての忙しさ、ワンパク過ぎる幼児や、中々言うことを聞いてくれない赤ちゃんを相手にしていると、虫歯予防を継続していく事は、本当に大変です。

子供の歯を守る気持ちはあるのですが、継続ができない!

また、いざ、子供が虫歯になってしまうと、本当にそのストレスだけで、ぶっ倒れそうになるくらい体力を消耗します。
子供に対しても面目ないし、歯医者で泣き叫ぶ子供と一緒に卒倒しそうになるし、本当にできる事なら、虫歯に絶対になってほしくない!

結局どうしたら子供の虫歯予防対策が一番いいの?

  • 可愛い赤ちゃん、幼児に虫歯菌を入れない!
  • 毎日のが子供の歯磨きをしっかりする!パパママが仕上げ歯磨きをする!
  • 子供達の成長に効果の高い、歯に良い食べ物を継続的に取る!

でも実際これら子供の虫歯予防対策、全部完璧には、私はできませんでした。

  • 子供達同士で、食べ物の取り合いで、兄が食べた食べ物を幼児の弟が食べてしまう。
  • 夜の歯磨きをする前に、子供が撃沈して、寝てしまい、歯磨きできず。
  • 子供の歯に悪いとしりつつも、子供達が欲しがるお菓子や飴をついついあげてしまう。

私が求めているのは、子育てに忙しいママでも、たまには横着しちゃうママでも、気持ちはあるけど完璧に出来ないママでも、なんとかしてくれるものないの?でした。

そんな中、ママ友から聞いた、虫歯予防歯磨き粉(ブリアン)が、本当にすごい!

いろいろ市販の歯磨き粉など試した結果、虫歯になってからでも大丈夫な歯磨き粉は、これだけでした。
もちろん虫歯になる前から使っていたら、もっと良かったんですが。。。

繰り返しできる、子供の虫歯にも効果的!

<私が思うブリアン歯磨き粉の良いところ>

1、虫歯菌が入ってしまってからでも大丈夫!

噛み与えや、お箸の共有で、虫歯菌(ミュータンス菌)が子供の口に入ってしまっても、虫歯予防成分(BLIS M18)が、子供の口内を、虫歯になりにくい口内環境に整えてくれます。主成分の、BLIS M18は、既に入ってしまった虫歯菌(ミュータンス菌)を減らし虫歯を予防してくれる成分です。

2、歯垢を根こそぎ除去

虫歯予防成分「BLIS M18」は、0.5ナノメートルの超微細粒子で、歯や歯茎の間に溜まった虫歯の原因となる、歯垢(プラーク)を取り除いてくれて、洗い磨き後、子供の歯がキュッキュして気持ちが良いです。

3、食べても安心!安心安全な材料だけの歯磨き粉

保存料、殺菌剤・発泡剤・界面活性剤などの、体に有害な成分が一切入ってない。私たち、親が、大事な赤ちゃん、幼児に対して、一番気にかけるのが、安全かどうか!食べれるくらい安全って言われると安心します!

<私が思うブリアン歯磨き粉の悪いところ>

1、虫歯予防の即効性がない。

使用し始めてもすぐに虫歯予防が出来るわけでは無いです。やっぱり3ヶ月くらい継続して初めて効果があるみたい。

2、歯磨き粉の形状が粉で、戸惑う。

使い慣れたチューブ型の歯磨き粉でなくて、最初驚きました。しかし、使う分だけ手にとって、濡らした歯ブラシでちょんちょんすれば、いいので、しばらくしたら慣れちゃいました。

3、市販の歯磨き粉と比べて、値段が高い

定価7800円で歯磨き粉にしては高いな〜って思います。でも、虫歯の治療代金がなくなるならいいいか〜と思いますが。。ちなみに我が家は、1回分の量が結構あるので、毎回4人で使っているので、実際はだだいぶお得に使えちゃってます。


子供の虫歯予防対策としては絶対おすすめの歯磨き粉です!

虫歯菌予防、歯磨き粉、ブリアンを使った子供の虫歯に悩むママの声(レビュー)

子供用虫歯予防歯磨き粉ブリアンのレビュー
公式サイトから抜粋

最近パッケージが変わったので写真違いますが、日本最大の某有名コスメサイト@コス○の口コミでも高評価の5.3を獲得しているみたいです。
子供虫歯予防 レビューサイト

その他、虫歯予防歯磨き粉ブリアンの使用体験、掲載されていたレビュー

自然派ママ自然派ママ


ずっと子供の安全を考えて、歯みがき粉を探してました。
市販の製品、海外のオーガニック製品もチェックしましたが、以外と記載されている成分があり…。
フッ素入り以外で、安心安全なものをさがしていたら、この商品たどり着きました。
なんでも初めてのものを嫌がるわが子がBrianに関しては、直ぐに気に入ってくれました!
きっと虫歯ゼロなまま行けると思っていますがw

32歳 医療事務32歳 医療事務


2歳児の息子の歯が、茶色くなってしまい、ずっと気になっていました。ブリアンを使い始めたら、今までずっと悩んでいた茶色の茶渋や歯石が使用開始後、数日で取れました。今まで市販の歯磨き粉や、フッ素入り歯磨き粉などいろいろ試しましたが、取れず、掛かり付けの歯医者さんでは、歯石の付きやすい歯質なのかもしれないと言われていたので、本当嬉しかったです。息子は私の食べているもの摘むのが好きで、虫歯菌が移ってしまわないか心配でしたが、ブリアンのおかげで安心しました。

忙しいママ忙しいママ


長男の時は、あんなに虫歯予防を意識して、私の使用した箸やスプーンなどは使わないように注意していたのが嘘のように、次男の時は、子育ての忙しさにかまけて虫歯予防の意識が薄れ、ついついお箸を一緒に使ったり、食べかけのものをあげちゃったりしてしまい、次男が2歳の時に虫歯になってしまい、歯医者に連れて行くことになってしまいました。あの時の可哀想な次男の顔が忘れられない。今回ブリアンを見つけてホッと一安心です。


子供の虫歯予防を徹底したい!幼児の虫歯を防ぎたい!是非試してみてください!


※2017年4月1日追加
2017年4月現在、49%OFFキャンペーン中です。公式通販のみでの販売みたいです。
前に売切れになっていたので、メーカーに電話してみたんですが、量産がそんな出来なくて大量にストックできないそうです。